日本は「戦争」すると思いますか?

「日本は戦争(他国への武力行使)すると思いますか?」YES(何年以内?どこに?)/NOというシールアンケートの結果をまとめています。

今週のおもな出来事(2018.5.16-6.4)

おわびとお知らせ:
「日本は戦争すると思いますか?」のシールアンケートの結果まとめとして運営している本サイトですが、取材者の都合により、これまでの1~2週に一回ペースでのアンケート採取ができなくなりました。アンケート結果の掲載はしばらくお休みしますが、今後の参考のため、日本と世界のニュースのまとめだけはアップしていきます。
 
参考:今週のおもな出来事(2018.5.16-6.4)
 
[米朝会談]
・24日北朝鮮が豊渓里核実験場の廃棄作業を公開するが、予告なしに爆破。核物質の量などが未解明のままとなり、検証できなくなるおそれ。
・24日アメリカ・トランプ大統領が書簡で米朝会談の延期を表明。
・25日安倍首相は米朝会談延期を「残念だがトランプ氏の判断を尊重し、支持する」とコメント。
・26日南北首脳会談が予告なしに板門店北朝鮮側の施設で開かれる。米朝会談に向け、意見交換したと見られる。
・27日金委員長とトランプ大統領がそれぞれ6月12日のシンガポールでの会談に意欲を表明。
・30日北朝鮮金英哲副委員長がニューヨークを訪問し、ポンペオ国務長官と会談。
・6月1日板門店で南北高官級会議。米朝会談を正式決定。また、6月14日に南北将官級軍事会談を決定。
・1日トランプ大統領は「これ以上最大限の圧力」という言葉は使いたくない、と発言。
・2日シンガポールでアジア安全保障会議「シャングリラ・ダイアローグ」が開かれる。小野寺外相は北朝鮮への対応について「圧力の維持が不可欠」と演説する予定だったが、トランプ氏の発言を受け、「現在行っている最大限の圧力」に修正した。
・2日同会議で韓国国防相は日本と同様に懸念される中・短距離ミサイルについて「脅威は次第に消える」との見解を示す。非核化のプロセスに関しても「疑い続ければ支障をきたす」と発言。
 
[アメリカ/イラン]
・24日アメリカ・トランプ政権がイランと6ヶ国の核合意を放棄したことで、国際原子力機関IAEAがイランは核合意を遵守しているとの報告書を発表。フランス・ロシアの首脳会談でも合意維持で確認。
 
[アメリカ/中国]
・23日アメリカ国防総省は6月から行われる環太平洋合同演習リムパックに、「南シナ海の軍事拠点化を進めている」ことを理由に、中国の招待を取り消したと発表。リムパックは2年に一度行われ、前回は中国を含む26ヶ国が参加。
・27日アメリカ海軍が南シナ海西沙諸島近辺で「航行の自由」作戦。ミサイル駆逐艦など3隻が航行。中国は「挑発行為」として非難。
・30日マティス国防相はハワイでの太平洋軍司令官交代式典で、同軍の名称を「インド・太平洋軍」に改名することを発表。海洋進出をつづける中国を念頭に、太平洋とインド洋の連結性を強化するため。
 
[国内]
・24日海上自衛隊の潜水艦が和歌山沖で水中で音を発する訓練用おとり弾を誤射。一発4600万円。
・6月1日防衛省は陸上イージスミサイルの配備について秋田県に説明。県内の新屋演習場が有力な候補地となっている。陸上イージスは2023年に運用開始見込み。
・4日陸上自衛隊武山駐屯地のトラックが神奈川県で一般道を走行中に、乗用車と衝突。乗用車の乗員4人がけが。
 
・2日小野寺防衛相はシャングリラ・ダイアローグ期間の個別会談で、フィリピンに陸上自衛隊の多用途ヘリUH1の部品の無償譲渡で合意。
 
・23日スイス・ジュネーブOPCW化学兵器禁止機関パレスチナか正式加盟。パレスチナは国連機関などへの加盟申請を続け、国際的な地位強化をはかっている。
・29日ガザからイスラエル南部に25発の迫撃砲が発射され、イスラエル兵3人が負傷。イスラエルはガザの65ヶ所に対して報復空爆。30日にかけて、ガザから100発以上のロケット弾と迫撃砲の発射。ほとんどがイスラエルの対空防衛システム「鉄のドーム」で迎撃される。その後、攻撃は停まっていたが、6月2~3日ガザからロケット弾4発が発射、1発は届かず3発は「鉄のドーム」で迎撃された。イスラエルは報復空爆
・3月からのガザ封鎖線付近でのパレスチナのデモに対するイスラエル軍の攻撃による死者は110人以上にのぼる。ボランティアの看護士らも殺害された。
 
・1日スペイン。中道右派のラホイ首相の汚職問題により内閣不信任案。新首相には左派・社会労働党のサンチェス氏が就任。