日本は「戦争」すると思いますか?

「日本は戦争(他国への武力行使)すると思いますか?」YES(何年以内?どこに?)/NOというシールアンケートの結果をまとめています。

今週のおもな出来事(2018.8.31-9.14)

おわびとお知らせ:
「日本は戦争すると思いますか?」のシールアンケートの結果まとめとして運営している本サイトですが、取材者の都合により、これまでの1~2週に一回ペースでのアンケート採取ができなくなりました。アンケート結果の掲載はしばらくお休みしますが、今後の参考のため、日本と世界のニュースのまとめだけはアップしていきます。
 
参考:今週のおもな出来事(2018.8.31-9.14)
[国内/外交]
・8月31日、防衛装備庁は、自衛隊の武器に応用できる大学などの最先端研究を公募して資金助成する「安全保障技術研究推進制度」の今年度分の配分先20件を発表。応募総数は73件で、昨年度の104件から減少。大学からの応募は12件(9校)と、昨年度の22件(16校)からほぼ半減。
・1~2日宗谷海峡ロシア海軍艦船28隻がオホーツク海から日本海方面に通過。冷戦後最大規模。領海侵入はなし。
・5日沖縄・辺野古新基地賛否を問う県民投票の実施要求署名92848筆を市民団体らが県に提出。県議会は条例案の審議に入る。
・5日沖縄・久米島空港に米海兵隊多用途ヘリUH1が事前連絡なく緊急着陸
・日本の石油元売各社は、10月分からイラン原油輸入を停止。トランプ政権の禁輸制裁を受けたもの。
・7日自民党総裁選が告示。20日に投開票。安倍現総裁は憲法9条に自衛隊を明記する、石破元幹事長は9条2項を削除し、国防軍創設が持論。安倍氏は任期中の9条改憲、石破氏は9条より緊急性の高いものを優先すると主張。
・10日台湾・台北の日本政府窓口・日本台湾交流協会の玄関にペンキがまかれる。中国との統一を主張し、慰安婦問題を批判している政治団体メンバー4人が逮捕される。8月に台南市慰安婦像が設置、9月6日に日本の民間団体が撤去を求め、地元では「足蹴にした」と報道されている。
・8日アントニオ猪木参議院議員が訪朝。副委員長と会談。拉致問題についても討議したが「口外しない約束」とした。2020年の東京五輪参加の方針を確認。
・12日ロシア・ウラジオストックで行われた東方経済フォーラムのパネルディスカッションでプーチン大統領は安倍首相に向かって「今思いついた」として、年内に平和条約を締結、その後北方領土交渉というアイデアを提案。
・13日長崎県対馬空港に米軍普天間基地所属のCH53Eヘリが燃料不足で緊急着陸。17年沖縄・高江で墜落炎上、今年普天間基地周辺の小学校に窓の落下が起きたのと、同型の機体。
・13日防衛省海上自衛隊潜水艦くろしおを南シナ海に極秘派遣。同海域で米・フィリピンと共同訓練中の護衛艦かがなど3隻と合流し、対潜水艦戦想定の実践的訓練を行う。
 
[中国]
・5日ナウル太平洋諸島フォーラム。オーストラリアは島嶼国に対して安保分野の情報提供・助言・訓練を行う「安保大学」を来年設置する方針を決定。中国がバヌアツに海軍基地を設けたことに対して警戒。ナウルは台湾と国交があり、入国時の手続きの不備により同フォーラムへの中国代表が、4日関連会合での発言を認められず退席。
・6日イギリス海軍揚陸艦アルビオン西沙諸島で「航行の自由作戦」を行ったと、同国内で報道。
・11日ロシアが軍事演習。中国は過去最大規模となる3200人、軍用車1000台が参加。
 
・2日リビアトリポリで非常事態宣言。8月下旬から民兵組織同士の戦闘が激化。一連の戦闘で47人以上が死亡。2日には刑務所から400人が脱走したことを受けて。
・3日ミャンマー、17年9月に軍によるロヒンギャ殺害を取材していて逮捕されたミャンマー人記者2人が懲役7年の実刑判決。
・5日アメリカ、ポンペオ国務長官パキスタンイスラマバードでカーン新首相と会談。トランプ政権は「パキスタンはテロリストをかくまっている」「アフガニスタンタリバーンを裏で支援している」として、テロ対策が不充分であるむねを伝えた。
・5日パラグアイで8月に発足した新政権が、前政権がアメリカに追随して行ったイスラエル大使館のエルサレム移転を撤回、テルアビブに再移転。
・5日アフガニスタン・カブールでシーア派地域にあるスポーツ施設内外で二度の爆破テロ。20人以上が死亡。二度目は最初の爆発の取材に集まっていた記者団を狙ったと思われる。テレビ局員2名が死亡。
・5日韓国特使団が訪朝。金委員長と会談。「完全な非核化の意志を再確認した」とするが、具体的プロセスには言及なし。
・7日イラク南部バスラで、電気・水道の供給不足を訴えるデモが暴徒化。イラン総領事館に放火。
・8日スイス・ジュネーブ、国連でのイエメン和平交渉が失敗。ハディ暫定政権は応じたが、反政府勢力のフーシが参加せず。
・9日スウェーデン総選挙。349議席中、与党・野党ともに過半数に届かず。反移民を主張する極右「スウェーデン民主党」が49議席から62議席に躍進、連立で政権入りをめざすが、現与党は拒否。
・8日ドイツ東部ケーテン。アフガニスタン移民とケンカになった男性が死亡したことに抗議し、2500人規模の極右デモ。
・11日アフガニスタン東部ナンガルハル州。抗議デモに対して路上で爆破テロ、32人以上が死亡。
・9~11日シリアの反政府勢力最後の拠点とされるイドリブ県とハマ県北部に政権軍が320回以上の空爆。4~11日の攻撃激化により26人以上が死亡。12日までに38300人以上が避難。政権軍は総攻撃を予告。
・14日パレスチナ・ガザのデモにイスラエル軍が発砲。12歳の少年一人を含む3人以上が死亡。