日本は「戦争」すると思いますか?

「日本は戦争(他国への武力行使)すると思いますか?」YES(何年以内?どこに?)/NOというシールアンケートの結果をまとめています。

今週のおもな出来事(2018.11.16-31)

おわびとお知らせ:
「日本は戦争すると思いますか?」のシールアンケートの結果まとめとして運営している本サイトですが、取材者の都合により、これまでの1~2週に一回ペースでのアンケート採取ができなくなりました。アンケート結果の掲載はしばらくお休みしますが、今後の参考のため、日本と世界のニュースのまとめだけはアップしていきます。
 
参考:今週のおもな出来事(2018.11.16-31)
[12月末改訂の防衛大綱案]
・2022年に宇宙部隊の創設。衛星監視体制などの構築をめざし、2019年予算にも計上。
海上自衛隊護衛艦いずもの空母化。垂直着艦できるF35Bを艦載し、太平洋地域の島嶼防衛を念頭に。
・「領域横断作戦」の強化。サイバー攻撃能力の所持を検討し、宇宙状況の監視、電磁波の利用と組み合わせ、陸海空と連携した「ひとつの防空システム」の構築をめざす。
 
[国内]
・18~28日宮崎県・日向灘で日米豪の機雷敷設・掃海訓練。海上自衛隊から掃海艇22隻、掃海ヘリ2隻が参加。「自由で開かれたインド太平洋構想」のもとに実施され、オーストラリアとの機雷敷設訓練は初めて。
・19日米国務省が迎撃ミサイル21発を日本に売却することを承認。イージス艦搭載「SM3ブロック1B」8発と新型迎撃ミサイル「SM3ブロック2A」13発で、5億6100万ドル(631億円)。「ブロック2A」は陸上配備型イージス・アショアでも使用可能。
・29日沖縄・玉城知事は、国交相が、防衛省行政不服審査により辺野古新基地の埋め立て承認撤回の効力停止を認めたのは違法であるとして、国地方係争処理委員会に審査申し出。
 
[韓国/北朝鮮]
・16日北朝鮮が「先端戦術兵器」の実験に成功したと発表。金委員長が同席。地対艦誘導ミサイルか。
20日北朝鮮軍事境界線近くのDMZの哨戒所10ヶ所を爆破。9月の南北合意で11ヶ所ずつを試験的に撤去することが決定している。DMZは東西248km、南北4kmにわたり、韓国が約60ヶ所、北朝鮮が約160ヶ所の哨戒所を設置している。
・22日韓国・北朝鮮軍が江原道鉄原のDMZで「遺骨発掘道路」を連結。来年4月から共同発掘作業を開始予定。
 
20日アフガニスタン・カブールでムハンマド生誕を祝う数百人以上が集まった会場で自爆テロ。43人以上が死亡。犯行声明は出ていない。
・21日横須賀基地所属の米海軍・原子力空母ロナルド・レーガン他3隻が香港に寄港。9月には急襲揚陸艦ワスプが中国に寄港拒否されていた。
・23日パキスタン・カラチで中国総領事館を3人の男が武装して襲撃。警官ら4人以上が死亡。南西部バルチスタン州の独立を主張する武装勢力による。同勢力は中国の「一帯一路構想」に反対し、8月には中国人労働者のバスに自爆攻撃。
・24日シリア・アレッポの住宅地に有毒ガス弾攻撃。塩素ガスか。アサド政権軍は「テロ組織によるもの」と発表し、ロシア軍がイドリブ県にいる反体制派組織を報復空爆
・25日中米から米国を目指す移民キャラバンはメキシコ国境のティファナに滞留。国際的支援を求めるデモを行った際に国境の壁にのぼって越境し、アメリ国境警備隊催涙弾を発射、42人を逮捕。
・27日アフガニスタン・南部ヘルマンド州でタリバーンと戦闘する政府軍を空爆で援護している駐留米軍誤爆により住民23人以上を殺害。空爆による死者は今年9月までで313人にのぼる。
 
[ウクライナ/ロシア]
・25日ウクライナからロシアが併合したクリミア半島と、ロシア・クラスノダール地方にはさまれたケルチ海峡で、ロシアの監視船がウクライナ哨戒艇などに発砲、3隻を拿捕。同海峡にはロシアが5月に橋を開通し、ウクライナ船の航行が制限され、緊張が続いている。
・26日ポロシェンコ・ウクライナ大統領が「ロシアによる地上攻撃の危険」を理由に、30日間の戦時法の導入を議会に求める。全27州のうち10州で、市民に外出禁止令を出したり行動を制限できる権限が軍に与えられる。
・26日国連安保理で緊急会合。ロシアはウクライナが境界侵犯をしたと主張。アメリカなどが批難。
・27日ロシアの裁判所がウクライナ軍の乗組員24人のうち15人を2ヶ月勾留する判決。
・29日アルゼンチン・ブエノスアイレスで1日から行われるG20で、アメリカ・トランプ大統領はロシア・プーチン大統領との首脳会談中止を決定。本来ならアメリカが破棄を宣言しているINF(中距離核戦力)全廃条約に協議する予定だった。
・31日G20での夕食会後にトランプ・プーチン両氏が非公式に会話。ウクライナの件では「互いに意見は変わらなかった」とプーチン大統領が記者会見で述べる。