日本は「戦争」すると思いますか?

「日本は戦争(他国への武力行使)すると思いますか?」YES(何年以内?どこに?)/NOというシールアンケートの結果をまとめています。

今週のおもなできごと(2017.2.10-27)

おわびとお知らせ:
「日本は戦争すると思いますか?」のシールアンケートの結果まとめとして運営している本サイトですが、取材者の都合により、これまでの1~2週に一回ペースでのアンケート採取ができなくなりました。アンケート結果の掲載はしばらくお休みしますが、今後も随時アンケートは行う予定ですので、その際の参考のため、日本と世界のニュースのまとめだけは定期的にアップしていきます(1~2週間に一回程度)。
 
参考:今週のおもなできごと(2017.2.10-27)
[国内]
・14日文部科学省が「学習指導要領」の改定案を発表。小中学校で初めて竹島尖閣諸島が「固有の領土」として表記される。幼稚園では「文化伝統に親しむ」として国歌が例示。保育園では「内外の行事において国旗に親しむ」が揚げられた。
・16日衆議院本会議で安倍首相は、防衛省が大学・研究機関などに研究資金提供として110億円に大幅増となった予算案について「対象は基礎研究分野に限られる」として兵器転用を否定。また訪米時の共同声明で出した「防衛イノベーションに関する二国間技術協力を強化」する方針について「(日本での)研究が日米間の防衛協力となることは想定されない」と答弁。
・25日自民党の弾道ミサイル防衛増強検討チームが初会合。THAAD、陸上配備型イージス・システムの導入が検討され、ミサイルによる敵基地攻撃能力が論点に。
 
[アメリカ]
・9~10日アフガニスタン南部ヘルマンド州でアメリカ軍が対IS空爆。市民18人以上が死亡。今月に入って米軍の攻勢が激化、先週だけで空爆は30回。
・12日北朝鮮が中距離ミサイル北極星2の発射実験。500km飛行して日本海に落下。従来の発射準備に時間がかかる液体燃料ではなく、固形燃料使用のため、事前察知が困難だった。トランプ大統領と安倍首相はフロリダで会食中で、緊急で共同記者会見。トランプ氏は「偉大な同盟国である日本を100%支持する」とだけで、北朝鮮に対する非難はなかった。また、会食中に報告を受ける姿をレストランにいた一般客が撮影し「あわてているさまを見るのはおもしろい」などとネットに投稿。アメリカ側のセキュリティが疑問視される。
・14日フリン大統領安全保障担当補佐官が辞任。発足前にロシア大使と対ロ制裁に関して協議していたことが問題視される。
・15日米国防総省がトランプ大統領にIS掃討のため、シリアへの地上部隊派遣を提言。現在は空爆武装勢力への訓練のみで派兵している。
・15日、イスラエル・ネタニヤフ首相が訪米、トランプ大統領と会談。トランプ大統領はこれまでのアメリカの方針であるイスラエルパレスチナの二国家共存(1993年のオスロ合意での停戦条件として定められた)にはこだわらないと発言。また大使館のエルサレム移転にも前向き。
・18日米軍の太平洋艦隊・原子力空母カール・ビンソンが南シナ海を訓練航行。3月1日からの米韓合同演習に参加。
・20日マティス国防長官はイラクでアバディ首相と会談、IS掃討に向けての協力を確認。
・18日アメリカ・大統領補佐官にマクマスター陸軍中将が指名される。湾岸戦争アフガニスタンで指揮をとった経歴。
・23日トランプ大統領はインタビューで、「他国が核兵器保有していくなら我々はトップに」と、核戦力の増強を表明。
・26日アメリカ・アカデミー賞発表。外国語映画賞はイランのアスガー・ファルハディ監督「セールスマン」が受賞。トランプ大統領の7ヶ国からの入国禁止の大統領令と、イラン政府の双方への抗議としてファルハディ監督は事前に授賞式欠席を表明していた。
 
・13日マレーシア・クアラルンプールの空港で北朝鮮金正恩主席の異母兄・金正男氏と思われる人物が、殺害される。インドネシア国籍の女ら二名によって毒物と思われる液体をかけられたことが原因か。17日マレーシア警察は犯行を指示したとして北朝鮮国籍の男を逮捕、他4人を指名手配。
・16日ドイツ・ボンで開かれたG20外相会合において、岸田外務大臣は日米韓会談を実施。北朝鮮のミサイル発射を非難し、金正男氏とみられる人物の殺害についても議論した。
・18日中国は安保理経済制裁を受け、今年年末まで北朝鮮からの石炭輸入を停止すると発表。
 
・16日イラクバグダッドで車爆弾が爆発、48人以上が死亡。ISが犯行声明。
・19日イラク・ISからのモスル奪還に向けて政府軍が地上作戦を開始することを決定。モスルには現在75~80万人の住民が残っているとみられる。
 
・16日パキスタン南部シンド州でシーア派の聖廟で自爆テロ。70人以上が死亡。ISが犯行声明。
 
・17日南スーダン政府の労働大臣が、反政府軍のマシャル元副大統領に忠誠を表明して辞任。また、軍法務官が「大虐殺や民族浄化が行われている」と政府の戦争犯罪を非難して辞任。
 
・中国が南沙諸島で進める岩礁埋め立てで、20以上の長距離ミサイル発射可能な開閉式屋根のある建物が確認される。
 
・23日3月に選挙を控えるオランダで、有力大統領候補とされる極右・自由党ウィルダース代表が公の場での活動を中止。モロッコ系の当局警備担当者が移民系の犯罪組織に警備情報を漏らした疑いのため、とされる。
 
・25日シリア、政府軍と反政府勢力の戦闘が続くホムスで、シリア征服戦線(元のヌスラ戦線)とみられる自爆テロ。42人以上が死亡。
 
・27日フィリピンのIS系武装勢力アブサヤフが昨年11月に拉致したドイツ人一名を身代金が払われないとして殺害。